初期費用ヘッダー

クロスハウスのシェアドアパートメントに入居したいですよね?

でも初期費用がいくらかかるかわからないんですよね。

かなり安いと聞いてるんですが・・・・

安心してください。

クロスハウスのシェアドアパートメントの初期費用は、「共益費(1万円)+前家賃+契約手数料(3万円)」だけです。

クロスハウスのシェアドアパートメントは家賃も安いので、家賃が4万円とすると、8万円の初期費用だけで入居できますよ!

敷金・礼金、仲介手数料 ⇒ 0円

保証会社の加入料 ⇒ 不要

初期費用は10万円かかりませんよ!

あなたでも入居できますよね。

クロスハウスのシェアドアパートメントは多くの人が入居しやすいように敷金・礼金、仲介手数料がかからないんです!

\3万円~都内に住めるシェアドアパートメント/
無料相談フォームを見てみる!

シェアドアパートメントの初期費用と賃貸アパートの初期費用を比較しました!

シェアドアパートメントは初期費用も賃貸料もかなり安く設定されています。
特に敷金・礼金、仲介手数料がなく初期登録料一律3万円位になっているので、入居時の費用が本当に安く済むんです。
\3万円~都内に住めるシェアドアパートメント/
無料相談フォームを見てみる!

シェアドアパートメントとシェアハウスとの違い!

シェアドアパートメント シェアハウス
リビング 無し 有り
住居人との交流 少ない 多い
共用部分 キッチン、トイレ・シャワー、洗面台、洗濯機、乾燥機 リビングルーム、キッチン、トイレ・シャワー、洗面台、洗濯機、乾燥機
家賃相場 40,000円 50,000円

シェアドアパートメントとシェアハウスとの違いについて初期費用以外についてもよく理解しておくと、あなたがどちらを選んだら自分の希望に合った生活をおくれるかがわかるでしょう。

クロスハウスのシェアドアパートメントと、シェアハウスっていったい何が違うんだろう?

そんな疑問がありませんか?

一言で簡単に言うと、リビングルームがあるか、ないかの違いです。

シェアハウスはリビングルームがあって、一緒に住んでいる人との交流を大切にします。

食事を一緒にしたり、団欒を一緒にしたりと共同生活をするのです。

クロスハウスのシェアドアパートメントは、リビングルームはありません。

キッチンやトイレ、シャワーの水回りを共同で使用します。

基本は自分の個室で暮らすということで、個人のプライベートを大切にします。

ワンルームの生活スタイルをしながら、水周りだけを共有にすることで家賃をとても安くできるのです。

だから入居費用も安く抑えられているんです。

あなたが多くの人と楽しく暮らしたいというのであれば、シェアハウスがおすすめです。

自分のプライベートを大事にしたいのであれば、クロスハウスに入居して住むシェアドアパートメントを選ぶとよいでしょう。

シェアドアパートメントは初期費用が格安なうえに、個室で、鍵付き、テレビ付き、冷蔵庫付きですよ!

クロスハウスのシェアドアパートメントの初期費用が安いだけではない特徴!

クロスハウスの入居までにシェアドアパートメントの特徴について確認しておきましょう。

クロスハウスの入居するときの初期費用が安い

敷金0円、礼金0円、仲介手数料0円です。

初期費用は3万円のみです。

手元に現金や預金が少なくても入居できますよ。

クロスハウスに入居した後も家賃が安い

東京で生活するのに、家賃が3万円~ ととても安い家賃です。

別途共益費1万円(水光熱費込)がかかりますが、水光熱費が含まれているので生活はかなり楽になりますね。

クロスハウスに入居できる物件数が多い

家具家電付きシェアハウス440物件、5,600室以上と日本最大級です。

東京の人気エリアにアクセスしやすい場所に住めるチャンスです。

クロスハウスの社エア度アパートメントのサービスが便利

1ヵ月から契約可能なので短期間で部屋を借りたい人でも大丈夫です。

保証人不要ですから自分だけで入居手続きができます。

共用部清掃サービス、トイレットペーパー・調味料・ゴミ袋などの備品の無料補充してくれるので許容部分も世話なしで使えます。

その他にも、物件間の移動無料で気に入った場所へ簡単に住み替えもできます。

申し込みでは、WEBで入居申し込みできますし、土日祝も営業しているので思い立ったらすぐに新居を見つけられます。

初期費用も格安なのですぐに入居できますよ!

クロスハウスに入居する人に人気のシェアドアパートメント

クロスハウスのシェアドアパートメントは築浅の物件でとってもきれいです。

全室鍵付き個室なのでプライベートを大事にする人に向いています。

個室内にはテレビ・冷蔵庫・ベッド・机・椅子・収納が備え付けられているので引っ越しも楽ですし、すぐに普通の日常生活ができます。

この点も初期費用が少なくて済み一つの理由です。

共用する所は最低限の水回りだけです。

シェアドアパートメントの初期費用以外のメリット!

クロスハウスのシェアドアパートメントのメリットをご紹介しますね。

・プライベートを大切にした生活ができる

部屋ごとにカギがついていて、テレビや冷蔵庫もセットされている

・入居するのが楽

テレビ・冷蔵庫・机・ベッドがついているのですぐに生活ができる

・安い家賃で都内の便利なところに住める

シェアドアパートメントというサービスなので安い家賃で、東京の人気エリアに物件が多くある

シェアドアパートメントのデメリット!

・友人や家族を部屋に呼べない
部屋には安全保障のため他人を呼べないルールとなっている

・リビングで他の共同生活者と交流できない

共同生活者と食事をしたり、団欒するためのリビングスペースがなく、共同するのは水回りのみ

・机やベッドを好みのものにできない

あらかじめ机やベッドが用意されている

シェアドアパートメントの初期費用以外でおすすめする人!

シェアドアパートメントがおすすめの人をご紹介します。

プライベートを大切にしたい人

各個室にカギがかかるようになっていて、冷蔵庫やテレビも各部屋にセットされている

引っ越しにお金をかけたくない人

あらかじめテレビ・冷蔵庫・ベッド・机・椅子・収納が各部屋に備え付けられている

都内の人気があって便利の良いところに住みたい人

シェアドアパートメントというサービスなので安い家賃で、東京の人気エリアに物件が多くある

シェアドアパートメントをおすすめしない人!

シェアハウスのように共同生活者と交流を図りたい人

シェアドアパートメントのサービス方針として交流を目的としたリビングスペースがない

自分の部屋に友達や家族を呼びたい人

安全保障のために他人を部屋に入れないルールとなっている

机やいすやベッドを自分の好きなものにしたい人

あらかじめ机やいすが準備されている

初期費用をかけずにシェアドアパートメントと入れますよ!

\3万円~都内に住めるシェアドアパートメント/
無料相談フォームを見てみる!

クロスハウスのシェアドアパートメントの初期費用以外にも知っておきたいよくある質問!

クロスハウスの入居までに確認するシェアドアパートメントに関するよくある質問です。

あなたに何か疑問点があったら確認してくださいね。

クロスハウスに入居には保証人は必要ありません。
緊急連絡先が必要になります。
保証会社に登録する必要もありません。
クロスハウスのシェアドアパートメントの入居には年齢制限があります。
年齢制限は18歳~39歳までです。
リビングはありませんが、水回りなどを共有するために世代の近い人だけが申し込めます。
wifiは使えます。
スマホやパソコンなどをネット接続できます。
ネット代がかからなくて済みます。
テレビ・冷蔵庫・ベッド・机・椅子・収納があらかじめついています。
入居するときにテレビや冷蔵庫やベッドを購入しないでよいので経済的です。
全室鍵付き個室です。シェアするのは、キッチンやトイレ、シャワーなどの水回りになります。

シェアドアパートメントは初期費用が安いうえに審査基準もゆるいです!

クロスハウスのシェアドアパートメントに入居するためには審査基準も知っておきたいですよね。

クロスハウスでのシェアドアパートメントの審査基準は、普通にアパートやマンションを借りるときと比べるとかなりゆるいです。

保証会社への加入する必要はありません。

保証料の支払いがないのがいいですね。

クロスハウスのシェアドアパートメントの審査で重視しているのは、人柄です。

共同生活がうまくできるかを大事にしているのです。

シェアドアパートメントがシェアハウスよりも独立性が高いとはいえ、共同生活的な部分があります。

なので、協調性があるかを審査されるのです。

あまりにも自分勝手であったり、わがままであったりすると共同生活に適さないと判断されて審査で落ちてしまいます。

転居理由もチェックされます。

以前、滞納していた。

騒音を出して退去させられた。

などの場合は、審査から落ちる可能性が高いです。

一人暮らしを始めたい。

都内に引越ししたい。

普通の引っ越し理由であれば問題はありません。

一般的に審査されるクレジットのブラックかなどはチェックされません。

無職の人や収入の安定しないフリーターの人でも、審査基準が甘いので通りやすいです。

職業については審査されますが、一般のアパートなどの賃貸の審査と比べるとかなりゆるくなっています。

例えば、無職の人でも就職活動をやってるとか、就職が決まっているなどであれば審査に通ります。

初期費用が安いうえに入居審査もゆるいので、あなたでも自信をもって申し込めますね!

\3万円~都内に住めるシェアドアパート/
無料相談フォームを見てみる!

シェアドアパートメントの初期費用は安いけれど、とっても充実した設備です!

クロスハウスのシェアドアパートメントでは、あなたが生活する上で必要となる備品のほとんどが初めから準備されています。

初期費用が安いからと言ってまったく手抜きはないです。

引っ越しして生活を始めるために、家電や家具を買いそろえる必要はありません。

とっても便利ですね。

設備品を個室と共用部分でご紹介しますね。

個室の設備

・エアコン
・テレビ
・冷蔵庫
・ベッド(布団とマットレスはありません)
・机と椅子
・ハンガーラック

シェアハウスでは、テレビと冷蔵庫は共用部分にあるのが一般的です。

クロスハウスのシェアドアパートメントでは、個室にテレビと冷蔵庫が設備されています。

冷蔵庫は、冷凍室と、冷蔵室のセパレートしたタイプのものです。

ベッドはありますが、布団とマットレスはついていません。

自分で用意するか、それぞれ月1,000円でレンタルできます。

wifiもサービスされているので、ネット環境も整っています。

共用部分の設備

キッチン

・電子レンジトースターなどの調理するための家電
・鍋、フライパンなどの調理器具
・調味料
・食器用洗剤とスポンジ

自炊する際の備品はすべてそろっているので買う必要はありません。

調味料などの消耗品もあるので不自由しないでしょう。

また、クロスハウスのシェアドアパートメントは、新築なのでコンロはIHになっています。

火の元も安心ですね。

トイレとシャワー

トイレは、ウォシュレットです。

トイレットペーパーやトイレ用洗剤も用意されています。

クロスハウスのシェアドアパートメントではバスタブ付きのお風呂はありません。

すべてシャワーになっています。

洗面所と洗濯機

独立した洗面所があります。

洗濯機と乾燥機が用意されています。

そのほか、掃除用品もあります。

クロスハウスの入シェアドアパートメントの契約方法!

クロスハウスの入居までの基本的な契約の流れです。

①無料相談フォームで申し込む

無料相談フォームに必要事項を記入して申し込めばクロスハウスから連絡が来ます。

②内覧して入居する物件を決める

自分の住みたい地域に気に入る物件があれば、内覧することができます。

オンラインで見るだけで物件を決めても大丈夫です。

住んでみて他の物件に移りたい場合は無料で移動が可能。

③契約する(オンライン可)

物件を決めたら、契約をします。

契約はオンラインですることもできます。

契約に必要な書類は、身分証明書だけです。

住民票や収入証明などは必要ありませんが、緊急連絡先が必要です。

④初期費用などを入金する
審査も通り契約が済んだら、初期費用を入金します。

⑤入居説明会に出る
入居して生活に関する注意事項を受けます。
ルールの説明、鍵を受領します。

⑥入居する

初期費用も格安なので思い切って申し込めますね!

\3万円~都内に住めるシェアドアパートメント/
無料相談フォームを見てみる!
シェアドアパートメントの初期費用はいくら?クロスハウスに入居する場合!
タイトルとURLをコピーしました